矢上高校の寄宿舎は、県内外から平素の通学が困難な生徒のために運営しています。

親元を離れての生活は、初めは不安いっぱいですが日々過ごすことで先輩たちの導きと同級生の協力で楽しく生活できるようになります。
また、共同生活を行うことによって自立心を養い社会でたくましく生きていく力も養うことができます。

勉強については、学習時間が設けられており舎監は、教員が行いますので学習サポートもできます。

現在、とても雰囲気が良く舎生は、充実した学校生活を送っています。
次年度も沢山の入学生をまっています。

寄宿舎   寄宿舎2
邑学館(邑南町研修施設)   明渓寮

 

1日

【寄宿舎の施設・概要について】

寄宿舎
定員
●明渓寮
男子:1部屋4人×10室=40名
女子:1部屋4人×8室=32名

●邑学館(邑南町研修施設)
男子:1部屋2名×7室=14名
食事 平素は、朝食、昼食(弁当)、夕食の3食です。
土日は、希望者のみ夕食(1食500円)が準備されます。
風呂 大浴場で共同使用しています。
洗濯 洗濯機と乾燥機があり空いている時間帯で自分で行います。

 

邑学館1階   邑学館 部屋   明渓寮部屋
邑学館1階   邑学館 部屋   明渓寮部屋
         
邑学館風呂   洗濯場   食堂
邑学館風呂   洗濯場    食堂

寄宿舎費について

  • 平日舎費【月額】: 28,000円(閉舎日に在舎した場合 約35,000円程度かかります)
  • 閉舎日日額舎費:1,100円(夕食500円、朝食200円、共益費400円)
    ※また長期休業中(夏休み、冬休み、春休み)も閉舎日となります。 

学生寮の行事について

  • 4月 入舎式、歓迎会
  • 6月 1学期防災訓練
  • 7月 1学期大掃除
  • 10月 2学期防災訓練
  • 12月 クリスマス会、2学期大掃除
  • 3月 3学期大掃除
寄宿舎3       寄宿舎4

寄宿舎の心得

心得その1

寄宿舎は、他人との共同生活の場です。それゆえ、寄宿舎生には。自分一人のことだけではなく、他の生徒のことも十分に考えて欲しいと思います。また、掃除・洗濯といった日常生活は自分で行ってもらい、「自分でできることは自分でする」習慣をつけて欲しいと思います。

心得その2

寄宿舎は、昭和55年に建設された由緒ある建物が使われています。老朽化している箇所もありますが、生徒の皆さんや舎監の方々で工夫しながら使っています。不自由なこともありますが、くれぐれもご理解ください。