現在島根県では、「社会に開かれた教育課程の実現」「高校を核とした島根創生」の持続可能な好循環を生み出すため、高校と地域の協働体制「高校魅力化コンソーシアム」の構築に向けて全県で取り組んでいます。
矢上高校においても、地域と一体となった教育活動を推進しながら現在準備を進めております。

高校魅力化コンソーシアムとは

「生きる力」は、学校だけで育まれるものではなく、多様な人々との関わりや、様々な経験を重ねていく中で育まれるものです。子どもたちは、地域とのつながりや信頼できる大人との関わりを通して、心豊かにたくましく成長していくことができます。

この「生きる力」の育成のために、地域の子供たちにどのように育ってほしいのか、何を実現していくのかという目標やビジョンを、地域の住民や市町村、小・中学校、社会教育機関、地元企業等と高校とが主体的・創造的な対話を行いながら協働で策定し、地域と一体となって子供たちを育む「地域とともにある学校」を実現することが求められています。

そのため多様な主体が参画し、魅力ある高校づくりに取り組む協働体制が必要であり、この協働体制を高校魅力化コンソーシアムと呼びます。

詳しくはこちらをご覧ください↓

高校魅力化コンソーシアムについて(教育委員会教育指導課)

コンソーシアム