矢上高等学校 令和3年度学校経営方針

校 訓

「腕に覚えのある人間」 
「筋金のとおった人間」 
「思いやりのある人間」

矢上高校将来ビジョン基本理念


「地域社会の未来を共に生き抜くたくましい人間づくり」

教育目標

1  教養と技能を身に付け、目標に向かって主体的かつ誠実に行動する人を育てる

2  自他を尊重し、他者と協働して共に学び高め合う人を育てる

3  地域の産業や文化に関心をもち、地域や社会に貢献しようとする人を育てる

運営方針

1  生徒の思いを受け止めつつ、きめ細かい指導、粘り強い指導を行う

2  前例踏襲に陥らず、変化を恐れず、目的と成果目標を意識して取り組む

3  部科長・主任のリーダーシップと責任のもと、分業・協業態勢を構築して取り組む

重点目標

1  生徒が安心して過ごせる環境づくり

・感染症対策の徹底と不測事態に対する備え
・支援が必要な生徒へのサポート(学年部と分掌の連携、生徒支援委員会、通級指導)

2  学力・資質を伸ばす指導と進路志望の実現

・到達目標を明確にした分かる授業・伸びる授業の展開
・観点別評価に対応した定期試験・評価方法の改善
・学年部・進路指導部・教科会が力を合わせて3年生の進路実現に取り組む

3  魅力化・特色化の一層の推進

・コンソーシアムを軸とする第2期ビジョン施策の着実な実施
・文科事業「地域との協働による教育改革推進事業」の着実な進展
・産業技術科の各プロジェクト(石見和牛・神紅)の着実な進展

 
4  教育の場としての寄宿舎の円滑な運営

・感性症対策の徹底と生活規律の遵守(安全・安心の場)
・学習・清掃に主体的に取り組む態度の育成(自律・成長の場)

上記については、以下のPDFファイルからご覧いただけます。

pdfファイル「令和3年度 学校経営方針」をダウンロードする(PDF:94kB)