学校生活

学校生活Q&A

Q1. 1日の時間割はどうなっていますか。

A1.

普通科と産業技術科で少し異なりますが、以下のようになっています。    

  •  8:25       各ホームルームで朝礼     
  •  8:40~ 9:30 1限目    
  •  9:40~10:30 2限目   
  • 10:40~11:30 3限目   
  • 11:40~12:30 4限目   
  • 12:30~13:00 昼休憩   
  • 13:00~13:15 清掃   
  • 13:20~14:10 5限目   
  • 14:20~15:10 6限目 
    ※産業技術科は6限授業で放課です。   
  • 15:20~16:10 7限目 
    ※普通科は7限授業です(水・金曜日は6限授業)。   
  • 16:10~      終礼

Q2. 下校時刻は決まっていますか。

A2.

特に○○時に完全下校ということはありません。
ほとんどの部活動が18:30過ぎまで活動を行っています。

校舎は19:20に機械警備がかかるので、校舎外に出なくてはなりません。  
※朝は7:00過ぎには校舎が開きます。

Q3. 普通科ではどのようなことを学びますか。

A3.

 普通科では大学や専門学校への進学を目指している生徒が多く、五教科を中心に勉強します。一人ひとりの多様な進路希望に応じたきめ細かな個人指導の徹底に努めています。

 英語・数学では少人数での授業があり、先生や友人との距離が近く、分からない箇所も詳しく学ぶことができます。

 2年生からは進路希望に対応して総合コースと探究コースの2つのクラスに分かれます。

Q4. 普通科総合コースと探究コースの違いはどんなところですか。

A4.

総合コースでは主に私立四年制大学・短大・専門学校・公務員・就職など幅広い進路を目指す生徒が勉強しています。

探究コースでは主に国公立四年制大学を目指す生徒が学んでいます。

Q5. 産業技術科ではどのようなことを学びますか。

A5.

 産業技術科は農業を基本として幅広い知識を身につけることができます。授業だけでなく実習も豊富で、体験しながら農業の基礎についてしっかり学ぶことができます。

 2年生からは本人の興味・関心に応じて植物・動物・工業の各コースが選択できます。

Q6. 産業技術科2年生からの植物・動物・工業の各コースではどんなことを学びますか。

A6.
  • 植物コース   
     いろいろな食品の作り方、野菜や花の育て方などを学びます。スイーツ甲子園に挑戦する人もいます。  
  • 動物コース  
     ウシやニワトリの育て方などを学びます。家畜保健所と連携して、受精卵移植にも挑戦しています。  
  • 工業コース  
     機械・電気・土木・デザインの学習や最新技術を活用したモノづくりを学びます。

Q7. 普通科、産業技術科の主な進路先を教えて下さい。

A7.
普通科、産業技術科の各ページの進路実績をご覧ください。

※学科紹介ページ

Q8. 矢上高校が取り組んでいる特徴的な学習や取り組みがありますか。

A8.

 平成24年度から、島根県の「離島中山間地域の魅力化・活性化事業」に取り組んでいます。矢上高校では「矢高笑顔!元気!プロジェクト」というテーマで、いろいろな取り組みを行っています。

 詳しくは「矢高笑顔!元気!プロジェクト」のページへ 

Q9. 部活動にはどのようなものがありますか。

A9.

 小規模校には珍しく、生徒のニーズに対応するために運動系、文化系に多くの部活動・同好会等があります。

 詳しくは部活動のページをご覧下さい。   ※部活動へのリンク

Q10. 部活動は毎日どのくらいの活動ができますか。

A10.

 毎日活動している部と、曜日を決めて活動している部があります。放課後は2時間程度活動できます。  

 試合や大会・コンクール前などは、練習時間を延長も認められますので、しっかりと活動できます。

Q11. 補習授業などはありますか。

A11.

普通科3年生は6月以降毎日50分行います。また長期休業中も(夏休み10日程度・冬休み3日程度)実施しています。

普通科1・2年生は長期休業中(夏休み10日程度・冬休み3日程度)午前中に実施しています。

産業技術科3年生も6月以降進路希望に応じて実施しています。

また、本校では土曜日の補習授業については実施しておりません。

Q12. 校則は厳しいですか。

A12.

 校則自体は、島根県内の他校と比べてそれほど変わらないと考えています。   

「矢高生らしく節度を持ち、当たり前のことが当たり前にできる」ように、服装・頭髪・行動について自ら考え学校生活を送ってほしいと思います。

Q13. 携帯電話は使用できますか

A13.

 携帯電話の持ち込みは許可しています。その際、校内では電源を切り、自己管理するよう指導しています。

 もし、以上のことが守れない場合は生徒指導部で携帯電話を預かり指導を行います。

Q14. アルバイトはできますか

A14.

原則認めていません。
高校生活は学習や部活動に集中してほしいと考えています。

※経済的事情などにより必要な場合は、申請することにより許可する場合もあります。

Q15. どのような学校行事がありますか

A15.

代表的なものは「学校行事」のページにありますのでご覧下さい。

学校行事のページへリンク

このページのトップへ