矢上高校生による未来フォーラム(町への提言)

町の課題に目を向け、対応策を調査検討し、その成果を町長へ提言するという取り組みです。この活動を通して、生徒の分析力、企画立案能力、表現力、コミュニケーション能力などの育成をめざしています。そして将来、邑南町・日本・世界を支える人材の育成を目指した壮大な取り組みです。

スイーツ甲子園への挑戦

産業技術科では「課題研究」の授業で、A級グルメで町おこしを掲げる邑南町と協力し、地元食材と地域文化を合体させたスイーツの開発にも取り組んでいます。その成果の発表の場として、貝印スイーツ甲子園全国大会出場を目指しています。平成25年度は全国大会に出場しました。

矢高ショップの開設

産業技術科と普通科が連携した「矢高ショップ」の開設を目指しています。この活動を通じて、生産から流通、販売の学習を通しアントレプレナーシップ教育の醸成を図りたいと考えています。現在は開設に向け試行的な「矢高ショップ」を不定期に実施しています。