30周年を迎えたこの年、新校舎の建設がはじまりました。
旧校舎教室棟です。
当時の中庭です。現在は「洗心庭」として残されています。
ユリノキ並木です。昭和38年ごろ農業科の実習で20本が植えられました。このころはまだ3階程度の大きさでしたが、今では4階を越えるほど大きくなりました。現在は9本が残っています。60周年を迎えた今年、ユリノキは「校木(学校の木)」として制定されました。
昭和55年9月には新校舎が完成し、「さよなら旧校舎」この写真の翌日から解体作業が始まりました。